包茎手術を受ける適性年齢ってある?

ロゴ
トップページ
<若い男性や中年男性が受けるイメージがある>
衛生面や精神面のことを考慮して包茎手術を受けたいと思われている人もいるのではないでしょうか。 日本人の7割の男性は包茎だといわれており、その中には日常生活に大きな支障をきたしている人も少なくありません。 そこで気になるのが包茎手術を受ける適正年齢というのがあるのかどうかですよね? 包茎手術を受けるタイミングとしてベストだといわれているのが包茎の改善が見込めない18歳前後です。 一般的にペニスの成長は18歳くらいまでなので、この時点で包茎という場合は自然に皮が剥けるということはないと思ってください。 そのため、高校生の終わりに近づいても包茎が改善されないという場合は治療を考えても良いかもしれません。 もっと早めに包茎手術をしたいと思われるかもしれませんがペニスの成長途中で包茎手術をしてしまった場合、無駄な手術になる恐れがあるので早すぎるのも考え物です。 そして、未成年の男性が包茎手術を受ける場合は必ず親の許可が必要となり、自分だけの意思では受けることができません。 また、未成年だとまだペニスが成長する可能性があり、包茎が自然に改善するかもしれないので手術を断られるケースも多々あります。 特に仮性包茎の場合は改善する見込みが高いと判断されるため手術をしてもらえない可能性が高いと思ってください。 包茎病院によって未成年の包茎手術に対応しているのかどうか異なるので受けたい場合は事前に確認してください。 包茎手術というと若い男性や中年男性が受けるイメージがあるかもしれませんが高齢の男性が受けるケースもあります。 高齢者の場合は性行為が目的で包茎手術を受けるのではなく、介護をしてもらう時の精神的ストレスを緩和させたいという目的で行う方が多いです。 高齢者の包茎を老人性包茎といいますが年齢を重ねると体の衰えによってペニスがお腹の皮膚に埋まってしまいます。 そうすると上手く尿をすることができずオムツなどを使用することになるのですが、これに精神的ストレスを感じる男性が包茎手術を受けることがあります。

<包茎手術を受ける人の年齢層>
包茎手術を受ける場合、どのくらいの年齢層が多いのか気になるという人もいると思います。 自分の年齢で包茎手術を受ける人がいるのかどうか気になってなかなかクリニックや病院に足を運べないという人もいるでしょう。 包茎手術を受ける人の年齢層はみなさんが思っている以上に幅広く10代〜80代くらいだといわれています。 そして、この年代の中で最も割合が多いのは性行為をする機会が多い20代〜40代の男性です。 20代〜40代になると性行為をするのが生活の一部という男性が多いため、性行為時の問題を解消するために包茎治療を行う男性も多くなります。 包茎の場合、性行為をする時に様々な問題が付きまとうため男性によっては性行為に抵抗を感じてしまったり、女性とのコミュニケーションに苦手意識を持ってしまう場合があります。 包茎の男性というのはそれほど珍しいことではありませんが、女性からすると皮が剥けていて当たり前という認識をしている人が多いです。 そのため、包茎の男性を見てからかったり馬鹿にしてしまう女性も少なからず存在し、それがトラウマになって勃起障害を起こすケースがあります。 また、勃起障害までいかなくても女性と接するのが嫌になってしまったり、性行為の時に極度に緊張してしまい早漏になってしまう場合もあります。 さらに包茎だと清潔な状態を保つのが難しいためペニスに恥垢が溜まりやすく悪臭を放ってしまうことがあります。 そうすると女性に不快感を与えてしまって性行為がしたくても断られてしまったり、傷つく言葉を浴びせられる可能性もあります。 このように包茎ということが原因で性行為に何かしらの影響を与えることがあるため、20代や40代といった性行為をする機会が多い年代が手術を受けているのだと思ってください。 中には包茎による男性不妊を解消するためや性病リスクを減らすために包茎手術を受けるという男性も多いです。 自分の年齢で包茎手術を受けてもいいのかどうか悩んでいる人は、抵抗を感じるかもしれませんがまず専門医に相談するようにしてください。



Copyright(c) 包茎手術を受ける適性年齢ってある?. All right reserved.